www.flickr.com

2005年9月28日

5mのサメと素手で戦う

・BBCNEWSWebsiteの該当記事
BBC放送HPより、野生動物との格闘記事が続きますが、この記事はオーストラリアから。
男性が体長5mのホオジロザメ(great white)を素手で撃退したそうです。

オーストラリア人の男性が、ホオジロザメと思われる体長5mのサメと素手で格闘し、なんとか撃退することができた。
An Australian man has managed to fight off a five-metre-long (16ft) shark, thought to be a great white, with his bare hands.
26歳のJosh Berrisはサメの攻撃を受けた土曜日、友人達と南オーストラリア、Kangaroo島のビーチの沖合いでサーフィンを楽しんでいた。
Josh Berris, 26, was surfing with friends off a beach on Kangaroo Island in South Australia on Saturday when he was attacked by the shark.
友人達が彼を安全な岩場に引き上げる前に、Berris 氏は攻撃してきたサメを彼の手で押し戻した。
Mr Berris pushed the shark away with his hands before friends dragged him into the safety of rocks.
このサーファーは病院に担ぎ込まれ、切断した脚の手当てを受けた。
The surfer was taken to hospital where he received treatment for cut legs.

「彼はボードにすわり次の波を待っていただけなんだ…、すると突然ホオジロザメが海中から彼に襲い掛かり、彼を叩きのめしたんだ。そして彼のボードを壊し、彼を引きずりまわした。彼はサメから逃れるために、leg rope をはずさなければならなかったんだ(意味不明:かまれた脚を失うということか?)」緊急医療士のDean George は地元ラジオ局にこう語った。
"He was just sitting on the board waiting for the next wave... and it just hit him from underneath and knocked him off, then actually just took his board and was dragging him and he had to pull his leg rope off to actually get away from it," paramedic Dean George told local radio.

「そいつはまた攻撃してきたので、彼は手でサメを押し戻したんだ」George は述べた。
"It came back again so he pushed it away with his hand," Mr George said.


 察するに、サメに襲われた男性はサメの鼻面を手で押し戻したのではないでしょうか?
 オーストラリアでは2日続けて、サメによる襲撃事故が発生したそうです。金曜日にはパースの浜辺で44歳の男性が小型のサメの反復攻撃を生き延びたそうです。

ホオジロザメはオーストラリア水域における、一連のサーファーのサメ被害の加害者だと考えられている。科学者の一部は、サメはサーファーと、彼らの自然の獲物であるアザラシを混同していると考えている。
Great whites have been blamed for a string of attacks on surfers in Australian waters. Some scientist believe they confuse surfers for their natural prey, seals.

 ホオジロザメはつまり映画『ジョーズ』のサメですね。
 ホオジロザメは捕食者として高度に進化した体をもち、変温動物である軟骨魚類であるにも拘わらず、周辺の水温よりも高く体温を保つ器官(奇網)を持ち、高い水中運動能力を獲得しています。
 また電場を感じるロレンチニ瓶という器官を持ち、獲物の探索に用いているようです。
 この性質を利用したサメ忌避装置も開発されているそうです。
 嗅覚も良く、視力もよく、まさに水中の捕食者の究極の姿とも言えるホオジロザメですが、科学者は絶滅の危機に瀕していると主張しており、オーストラリアでも保護対象種に指定されているそうです。
 (BBC放送のホオジロザメのページはこちら)
 海中に潜むホオジロザメは海面に浮かぶ獲物のシルエットに対し、海中から凄まじい奇襲を加えるそうです。
 ボードに腹ばいとなったサーファーとアザラシのシルエットは酷似しており、サーファーがサメに襲われる原因と考えられています。
 自然の中では時として人間も獲物となります。充分に注意したほうが良いでしょう。

3 コメント:

匿名 さんのコメント...

シャチと戦ったら、どっちが強い?

ちゃめ さんのコメント...

う~ん・・・。
どっちが強いんでしょう。
研究者ではないので、イメージ的な回答しか出来ませんが…。

自然界で相手を捕食する目的のため、戦うことはまずありえないでしょう。
もし、ホオジロザメがシャチの子供を狙ったとしたら、群れの成体のシャチと戦うことになると思いますが、ホオジロザメはそんな危険な賭けにはでないでしょう。

一方、シャチは自分よりも大きい獲物も襲いますが、明らかに手ごわい相手に攻撃することはないでしょう。

集団戦だと群れの連携プレー能力でシャチ有利か?と思いますが、群れでホオジロザメを襲う経験はないと思います。
単独の個体で比較すると、海中の捕食者として一日の長があるホオジロザメの方が優勢という気もします。

戦う場所も大きいでしょうね。ホオジロザメは熱帯・温帯域の外では戦えないでしょう。シャチは冷たい海でもヘイチャラだと思いますが。

ディスカバリー(またはナイトスクープ)で取り上げて欲しいネタですね。

ちゃめ さんのコメント...

追記:
 シャチの方が強いらしいですね。
 南アフリカの沿岸では、シャチはホオジロザメを捕食するそうです(伝聞情報なので、本当か嘘かは不明です)。


Kamimura's Web Novel   ちゃめのBlog    神村的日常-Kamimura's spill of thought.