www.flickr.com

2005年10月19日

天安門事件:戦車に対峙する買い物袋を持った人

・BBCNEWSWebsiteの該当記事
天安門事件の際、中国人民解放軍の戦車にたった一人で対峙する、買い物袋を持った人の写真を、ニュースなどでご覧になった方も多いと思います。

 The World Press Photo 財団は、報道写真のコンテストを初めて今年で50年周年となるそうですが、それに関連して、あの写真を撮影したCharlie Cole氏の述懐がBBC放送HPに掲載されていました。Charlie Cole 氏の当時の体験を、BBC放送HPから抜粋して、紹介しましょう。

 Cole 氏はNewsweek誌の契約写真家として北京へ赴いたそうです。
 彼が到着した時には、民主化を求めるデモは頭打ちとなり、アジアの拠点に帰る報道陣も多かったそうです。
 しかし、Cole 氏はNewsweek誌に、もう少しとどまるようにと言われ、天安門事件と遭遇することになったそうです。

私はNewsweek誌に留まるように言われた。6月3日の夕方、人民解放軍(PLA)とデモ参加者の緊張した対立の一日が過ぎた後、軍は市の中心部を包囲し、戦車と装甲兵員輸送車(APC)を天安門広場の中心へ動かそうという試みを、遂に開始した。
I was told by Newsweek to stay on. On the evening of 3 June, after a day of tense confrontations between the People's Liberation Army (PLA) and the demonstrators, the army began to encircle the inner city and eventually began to try to move tanks and Armoured Personnel Carriers (APCs) down into the heart of Tiananmen Square.
紫禁城の真正面にあたる広場の最上部で、一台のAPCが隊列を離れてしまい、群集のエリアから逃れようとパニックに陥り、数人のデモ参加者を轢き殺した。この事件が今度は、群集が暴力を加速する結果を招いた。
At the top of the square just in front of the Forbidden City, an APC got separated from its column, and in its panic to get out of the crowd area, ran over several demonstrators. This, in turn, caused the crowd to grow violent.
群集はAPCを無力化し、APCの乗員を車外に引き出し、殺害し、兵員輸送車に火を放った。この光景は、150m離れた広場の端に展開していた人民解放軍数個小隊の目の前で展開された。燃えるAPCの傍らに立っていた私は広場を見下ろし、広場の照明が照らすオレンジの光の中で、AK-47を装填し構える人民解放軍の兵士を認めた。
They disabled the APC, tore its crew from the vehicle, killed them, and torched the vehicle. All this was done in plain view of several PLA platoons about 150 metres away at the edge of the square. Standing beside the burning APC, I looked down the avenue and in the orange glow of the lights of the square I could see the PLA lock and load their AK-47s.

 Cole 氏は虐殺が始まる直前の天安門広場にいたのですね。
 AK-47突撃銃を装填する兵士を見て血の気が引いたのではないでしょうか。

私は遮蔽物を探し、周囲を見回したが、そこには何もなかった-保護を求めることができる場所は北京ホテル(Beijing Hotel)近くの、Changan 通りまで後退していた。私が通りの街路樹に辿り着いたのと前後して、兵士達は広場の上部にいる群集に向かって発砲を開始した。撃たれた人々が増えるにつれパニックが広がっていった。
I looked around for cover but there was none - the only areas that offered any protection were back up Changan Avenue near the Beijing Hotel. About the time I reached some trees along the avenue the soldiers opened up on the crowd at the top of the square. There was panic as people were being hit.
周囲はすでに暗く、ストロボを使うなんて問題外の状況であったため、私は写真をとることができなかった。私は周囲を見回し、残された最後の一枚はビルの屋上から長時間露光で広場と騒乱を写そうと決めた。
It was impossible for me to shoot pictures as it was too dark and using a flash was out of the question. I looked around and decided that about the only shot left was from the roof of a building with a long exposure of the square and the mayhem.
私は広場を見渡せる北京飯店に向かった、しかしホテルに入った時、私は公安省(PSB)、中国の秘密警察のメンバーに取り押さえられた。
I went into the Beijing Hotel, which had a commanding view of the top of the square, but when I went in, I was tackled by members of the Public Security Bureau (PSB), China's secret police.
PSBの1人は、電気式の牛追い棒(electric cattle prod)を手に私に走りより、私の横腹を棒で殴った。別の数人は私を殴り、蹴った。彼らは私のフォトベストを剥ぎ取り、その日の夕方、私が撮影した全てのフィルムを没収した。彼らはカメラをも持ち去ろうとしたが、私はフィルムがなければカメラは使い物にならないと彼らを説得し、カメラを返して貰い、私は自分の部屋に戻るところだと告げた。
One of the PSB ran up to me with a electric cattle prod and hit me in the side with it. Others punched and kicked at me. They ripped my photo vest off me and took all the film I had shot that evening. They were going to keep the cameras but I convinced them they were useless without film, so they returned them and I told them I was going to my room.
PSBはフォトベストの内ポケットに入っていた未露光のフィルム3本には気づかなかった。
The PSB had missed three rolls of unexposed film in an inside pocket of the photo vest.
ロビーを走り抜けていたとき、私は友人のStuart Franklinにばったり、出くわした。彼は最強の写真家で、タイム誌の仕事で北京に来ていた。Stuart の部屋はホテルの8階かそこらで、部屋のバルコニーからは、天安門広場で起きている事態が手に取るように判った。
While hurrying through the lobby, I ran into my friend Stuart Franklin, a Magnum photographer on assignment for Time magazine. Stuart had a room at the hotel on about the eighth floor, and from the balcony we had a pretty good look at what was happening.
この頃には、相当な数の自動火器が発砲されており、負傷者や死者を荷車に載せた人々が、負傷者を病院に運ぶため、通りを大急ぎで走っていくのを私は目撃した。
By this time there was a fair amount of automatic weapons fire and I could see people with carts carrying wounded and dead running down the avenue trying to get the wounded to the hospital.
私は僅かな時間で、死者、負傷者を64人まで数えたが、止めてしまった。Stuart と私は、街頭の明かりを利用し写真をとろうとしたが、撮影するには暗すぎた。
I counted 64 wounded or killed in a short span of time then stopped counting. Stuart and I tried to shoot with the available street light, but it yielded very little.

 翌日、戦車と対決する人をCole 氏は目撃し、カメラに収めます。

翌朝の4時か5時ごろ、戦車の隊列が広場になだれ込み、バスや自転車、そして人間をキャタピラで踏み潰した。日が昇るにつれ、何千もの人民解放軍兵士に護衛された大量の戦車、装甲車が広場を埋め尽くしている情景を、私たちは見ることができた。
At about four or five in the morning, tank columns raced into the square smashing buses, bicycles and humans under their treads. As the sun began to rise, we could see the mass of armour in the square, escorted by thousands of PLA troops.
翌日-6月5日-も、Stuart と私は再びバルコニーに居た。
The following day - 5 June - Stuart and I found ourselves on the balcony again.
時間が経つにつれ、何百人と言う兵士達が広場の入り口に並び、バリケードの背後にうずくまっていった。彼らの小銃は、通りを100m隔てた好奇心の強い学生や住民達に向けられていた。
As the morning progressed, hundreds of soldiers now lined the entrances to the square and hunkered down behind barricades. Their rifles were trained down at curious students and residents 100 metres down the street.
私たちのホテルを含めて、殆ど全ての建物の屋根に、双眼鏡と無線機をもったPSBのエージェントが陣取り、そのエリアの事態を掌握しようとしているのを、私たちは目撃した。昼頃、私たちはAPCがエンジンを掛け、広場を去る音を聞いた。Changan通りを一掃するため、数人の機関銃手が群集に向け発砲し、人々は再び、恐怖の中で逃げ出した。
On nearly every rooftop, including our own, we could see PSB agents with binoculars and radios trying to get control of the area. About noon, we heard the APCs start up and begin to leave the square. In order to clear Changan Avenue some of the machine-gunners opened up on the crowd, people fled again in panic.
その直前、何百人もの人々が居た通りには、見捨てられた自転車と燃え尽きたバスのみが残った。
Where there had been hundreds of people just moments before, were only deserted bicycles and burned-out buses.
その後間もなく、25台の戦車の隊列が、同じ車線を進み始めた。Stuart と私は協力して戦車が通りを下る様子を撮影した。その時、突然、道路の脇から、片手に上着を持ち、もう片方の手に買い物袋を下げた若い男性が、戦車の行く手に踏み込み戦車を止めようとするのを、私たちは目撃した。
Shortly afterwards, a column of about 25 tanks began to roll down the same lane. Stuart and I were shooting shoulder to shoulder as they made their way down the avenue. Then suddenly from the roadside, we saw a young man, with a jacket in one hand and a shopping bag in the other, step into the path of the tanks in an attempt to halt them.
これは信じがたい行為だった、特に、つい先ほど、APCの機関銃が群集に向けて発砲されたあとでは。私はすぐには彼の行為を現実として受け入れられなかった。彼を確実に待ち受けるであろう悲運を予期しながら、私は写真を撮り続けた。
It was an incredible thing to do, especially in light of what had just happened with the APC machine-gunners. I couldn't really believe it, I kept shooting in anticipation of what I felt was his certain doom.
驚いたことに、先頭の戦車は止まった、そして彼を迂回しようとしたが、若い男は再び戦車の行く手に立ちはだかった。とうとうPSBのエージェントが彼を引っ掴み、彼を連れて走り去った。Stuart と私は、今さっき目撃し、写真に撮った出来事をまだ信じられないようで、お互いを見た。
To my amazement, the lead tank stopped, then tried to move around him but the young man cut it off again. Finally the PSB grabbed him and ran away with him. Stuart and I looked at each other in somewhat disbelief at what we had just seen and photographed.


 この状況で戦車が止まったのは、驚くべきことだと思います。
 戦車のドライバー、あるいは指揮官は、狂気の中にあっても、市民を殺すことをためらったのでしょう。
 或いは、外国人ジャーナリストが宿泊するホテルの近くであることを知らされていたのでしょうか。

その後、Stuartは北京大学へ向かい部屋を後にし、私は、なにかまだ起こるのではないかと部屋に残ることにした。彼が出かけたすぐ後に、PSBエージェントが我々の部屋のドアを破った。4人のエージェントが部屋を襲い、数人が私のカメラを強奪する間、私は暴行を受けた。
Later, Stuart left to go to Beijing University and I stayed behind to see what else might happen. Shortly after he left, PSB agents crashed through our hotel room door. Four agents swept in and assaulted me while a few others grabbed my cameras.
彼らは私のカメラからフィルムを抜き取り、私のパスポートを没収した。そして彼らは、「私は戒厳令下で写真を撮影しました」、と供述を書くことを強要した。私には知らされなかったが、それは重罪であった。彼らは部屋のドアに警備を付けた。
They ripped the film from my cameras and confiscated my passport. They then forced me to write a statement that I was photographing during martial law, which unbeknown to me carried a hefty prison sentence. They then put a guard at the door.
私は戦車を撮影したフィルムをプラスチックケースに入れ、トイレの貯蔵タンクに隠しておいた。彼らが立ち去った後、私はそのフィルムを回収した。その後AP通信へ向かい、ニューヨークのNewsweek 宛てに写真を電送した。
I had hidden the roll with the tank pictures in its plastic film can in the holding tank of the toilet. When they left, I retrieved it and later made my way to AP to develop and transmit it to Newsweek in New York.


 「戦車と対峙する人」の写真が、天安門広場の虐殺後の事件だったとは、この記事を読むまで知りませんでした。
 また、天安門広場だけでなく、Changan Avenue でも市民に対する銃撃が発生していたことも同様です。
 写真の人物はWang Wei Linという人物だという意見が多いそうですが、確かなことは判っていないそうです。
 Charlie Cole 氏は、個人的な考えとして、彼は当局に処刑されただろうと述べています。

 事件の1~2年後に、若者向けマンガ週刊誌に、”天安門広場の虐殺はなかった”と訴える、読みきりマンガが2週にわたり掲載されたことがあります。
 そのマンガは物理的な説明を交えながら、兵士が発砲した銃火は、電灯か何か別のもの(忘れてしまった)が写ったもの、という説明をしていました。
 当時の私はそのマンガをあやうく信じそうになりましたが、、歴史を歪曲しようという勢力が存在し、そのマンガを出版社に掲載させたのではないか?と思えます。出版社側も目新しい内容だったから掲載したのでしょう。
 上記の例に限らず、歴史を捻じ曲げようとする権力や勢力は多く存在するようです。
 情報を受ける側の我々は、そのような企みに注意深くあるべきでしょう。

中国:クマの胆汁を採取していた男、クマに食べられる

・BBCNEWSWebsiteの該当記事
BBC放送HPより、ちょっと古いですが、クマに関するちょっと恐ろしいニュース。
クマの胆汁というのは漢方薬の原料だそうです。

吉林省、Shulanで、ある中国人の男性が6匹のクマに食べられたらしい。
A Chinese man has reportedly been killed and eaten by six bears in Shulan, Jilin province.
Han Shigenは捕えたクマを生かしたまま、胆嚢から胆汁を採取し生計を立てていた、と中国の国営新華社通信は報じた。
Han Shigen earned a living by extracting bile from the gall bladders of his captive live bears, according to the Chinese state news agency Xinhua.
彼は月曜日(10/10)の朝、クマの檻を掃除している最中に、クマに攻撃された、というBeijing Newsの記事を新華社通信は引用した。
He was attacked on Monday morning while cleaning the animals' cage, Xinhua said, quoting the Beijing News.
新華社通信によると、クマはあまりにも激怒しており、彼の遺体を檻から回収するために充分な安全を確保するには、2時間も待たなければならなかった。
Xinhua said the animals were so enraged that two hours passed before it was deemed safe enough to remove his body.
脳や脊髄を含む、クマの肉体の多くは伝統的な漢方薬の原料として、長年利用されつづけてきた。
Many parts of the bear, including the brain and spinal cord, have long been used in traditional Chinese medicine.
最も需要が高いのは胆嚢から得る胆汁であり、しばしば同重量の麻薬よりも高価である。( more expensive that the equivalent weight of narcotics.のthatはthanの間違いに思えるがどうだろうか?)
The most coveted part is the bile within the gall bladder, which can often be more expensive that the equivalent weight of narcotics.


 クマの胆汁は1キロあたり1,000ドルでアジア市場で取引されていると、見積もられているそうです。
 胆汁の採取は耐えがたいほどの苦痛を伴うもので、生身のクマの体を切り込み、チューブで胆汁を搾り出すそうです。
 痛そう…。

クマの胆汁は、胃腸に関する様々な病気や心臓に関する病気の医薬品として利用されるだけでなく、ヘアシャンプーからワインに至るまで、全てに利用されている。
The bile is then used for everything from hair shampoo to wine, as well as medicinal treatments for various intestinal and cardiac-related complaints.


 食い殺された方には気の毒ですが…。
 我々の豊かな生活は、様々な生物を利用して成り立っていると言えるでしょう。
 このような残酷な方法で採取した原料を使用した製品は、なるだけ購入したくありませんが、知らず知らずのうちに利用しているかもしれません。

 一方、漢方薬、漢方医学は、自然保護主義者から何かと目の敵にされていますが、化学薬品を多用する西洋医学とは異なるアプローチの治療で、助かっている人も大勢居ると思います。
 インドの医学、アーユル・ベータ(だったかな?)も見直されつつあると聞きます。

 ただし、中国の経済発展に伴い、漢方薬の原料となる生物が受難の時期を迎えているのは、厳然たる事実です。
 乱獲とそれに続く種の絶滅が、数千年の歴史を持つ漢方薬の伝統をも、途絶えさせることは明らかでしょう。
 漢方医、漢方薬の利用者も、対象となる生物の保護に真剣に取り組む必要があるでしょう。
 手遅れとなる前に、多くのユーザーが気付いてくれれば良いのですが…。