www.flickr.com

2007年5月4日

オーストラリア:未熟児の双子、生存への賭けに勝利

BBCNEWSWebsite の該当記事

 妊娠29週で生まれたわずか530グラムの赤ちゃんが、心臓手術を乗り越え、一卵性双生児の兄弟と共に元気に育っているそうです。
 彼の生存確率はわずか1/3だったとの事。
 全訳でご紹介しましょう。

未熟児として生まれた一卵性双生児が、その一人は一緒に生まれた兄の僅か三分の一の体重しかなかったが、厳しい生存確率を乗り越えて生命を保った。
Two premature identical twins, one born only a third the size of his brother, have beaten huge odds to survive.

Lincoln Ryman は予定日より11週も早く生まれ、出産時の体重は僅か1ポンド2オンス(530グラム)しかなかった。一緒に生まれた兄弟、Byron の体重は3ポンド6オンス(1.5キログラム)である。
Lincoln Ryman weighed just 1lb 2oz (530g) when he was born 11 weeks early along with his big brother, Byron, who weighed 3lb 6oz (1.5kg).


 妊娠予定日付近で生まれた子供の体重は、概ね2,500グラムから3,000グラムを越えるぐらいでしょうか?
 体重530グラムというと、通常の新生児の1/5~1/6しかない訳ですね。
 ただでさえ、生存が危ぶまれる状況ですね。

 BBC の元記事に、二人の写真が掲載されています
 弟の方は、ホントに小さいですね。

シドニーの Royal Hospital for Women の医師たちは、胎児たちが比較的稀な妊娠合併症にあることを発見し、早期出産を決定した。
Doctors at the Royal Hospital for Women in Sydney intervened to deliver the boys when they discovered a relatively rare pregnancy complication.

Lincoln 君の体から Byron 君の体に血液が流れ、二人とも危険な状態だったのだ。
Blood was flowing from Lincoln to Byron, putting both in danger.


 とんでもない状況にあったようです。
 未熟児で生まれる上に、心臓に欠陥があるという絶体絶命の状況に置かれていた訳ですね。

二人の母親、Nicole は、彼女にとって最良の選択は妊娠29週で二人を出産する事だと決まった時、最悪の事態を予期するように告げられた。
Their mother, Nicole, was told to prepare for the worst when it was decided the best option would be for her to deliver the boys in the 29th week of her pregnancy.

医師たちは、Lincoln 君が生き延びる確率は三分の一しかないと考えていた。彼は小さすぎたのである。
Doctors gave Lincoln a one in three chance of survival because he was so small.


 生存確率1/3。
 高いようにも思えますが、決して楽観できる確率ではないですね。
 命が掛かっていますから。

しかし、体重が著しく少ない上に、出産後に心臓の手術を受けたにも拘わらず、彼は兄と共に元気に成長している。
Despite his very low weight and needing heart surgery after he was born, Lincoln is now thriving, as is his brother.

体外受精で二人を授かった Nicole と夫の Todd は、親になった最初の一週間は気も狂わんばかりだった、と語った。
Nicole and her husband Todd, who conceived through IVF, said their first weeks of parenthood had been nerve-racking.

Ryman 夫人はこう語った。「世界で一番幸せだと思っていたわ。二人とも無事に生まれるなんて、とても考えられなかったから」
Mrs Ryman said: "We've been on top of the world because we didn't think we were going to have them both.


 双子の出産だけでも、彼らの人生における最大の喜びだと思いますが、二人とも厳しい試練を乗り越えて元気に生まれたという事実が、彼らの幸福感を倍増させたのでしょう。
 しかし、そのとてつもない幸せの前には、絶え難い不安や心配が彼らを苛んだことでしょう。

「不安に慄いた事もあったけど、二人はとても元気で成長しているし、いずれは二人とも、家に連れて帰れるようになるわ」
"We've had a few scares on the way but they are pretty well going forward now and I know I'm going to be able to take them both home."

来週末には Byron 君が退院し、彼は両親と共に自分の家で暮らし始めるだろう。Lincoln 君の方は来月まで、病院の新生児集中治療室にとどまる見込みだ。
She is expected to take Byron home at the end of next week. Lincoln will stay in the hospital's newborn intensive care unit for another month.

双子の治療を担当した Parag Misha 博士は Lincoln 君について次のように語った。「彼が生き延びる確率は、30パーセント以下でした。なぜなら、彼はあまりにも小さく生まれてきたからです」
Dr Parag Misha, who has been looking after the twins, said about Lincoln: "The chance of survival I gave him was less than 30% because he was so small.

「上手くいけば、彼の体重はもうすぐ、どんどん増え始めるでしょう。そして、お兄ちゃんの体重に近付いてゆくでしょう」
"Hopefully he will soon start gaining weight much more quickly and get nearer and nearer his brother."


 という訳で、今回は人生最初の試練に打ち勝った赤ちゃんのニュースでした。

 これほど劇的な誕生を経ていなくても、母親の胎内からこの世に生まれ出た瞬間は、誰にとっても素晴らしい一瞬だと思います。

 親も子供も、往々にしてそれを忘れがちなのですが、その瞬間に思いを馳せる時、誰もが「掛替えのない存在」である事を、思い出すのではないでしょうか?

 相変わらず、私の訳は脚色していますので、ご注意ください。